現状への回復工事|ビジネスを継続させるために必要な大規模修繕|建造物を強化しよう
レディー

ビジネスを継続させるために必要な大規模修繕|建造物を強化しよう

現状への回復工事

オフィス

賃貸物件を管理する場合、借り手が退去した後には現状回復工事を行うことになります。これはクロスなどの清掃作業に加えて、破損箇所などがあれば修復するものです。借り手が住む前の状態に戻すことが目的となります。その費用は基本的に部屋の所有者が負担しますが、一般的に借り手が用意している敷金から清掃費用などを賄うことになります。ここで大切なことは、補修工事が必要となる破損や汚れが経年劣化によるものなのか、それとも借り手の故意によるものなのかを判断することです。そこで借り手が住む前に傷などがあれば写真で記録しておくことが大切です。現状回復の際には、どこまで借り手に請求できるのかをはっきりとさせることができるからです。

現状回復工事を行う際には、業者選びも大切な要素となります。できる限り費用を抑えることで、賃貸物件の利回りを確保できるからです。そこでまずは複数の業者に見積もりを依頼することになります。その際には、どこまでの補修をするのか決めておくことが大事です。例えばフローリングは清掃だけで済ませるのか、それとも張り替えた方が良いのかを判断する必要があります。より良い条件で借り手を探すためにも、できる限り部屋は綺麗にしておきたいものです。そのためには設備の入れ替えなども行う必要が出てきます。それをどのようなタイミングで行うのかを判断するのも難しいものです。現状回復工事によって、借り手がつきやすくなるかどうかも左右されるからです。