賃貸物件の現状の回復|ビジネスを継続させるために必要な大規模修繕|建造物を強化しよう
レディー

ビジネスを継続させるために必要な大規模修繕|建造物を強化しよう

賃貸物件の現状の回復

フロア

賃貸物件を退去する際には、入居前の状態に戻す現状回復が必要となります。その内容としては、借り手の故意による破損や故障は借主が、それ以外の劣化は所有者が費用を負担することになります。そのために所有者としては極力作業費用を少なく抑えたいと思うものです。そこで現状回復を行う業者で人気が高いところは、まず破損個所を経年劣化によるものか借主による原因かを的確に判断できるところとなります。そして経年劣化による破損個所の修繕を安価で作業できることが条件となります。さらに、修繕箇所によって異なる業者に下請けせず全て自社で行える業者の方がコストを抑えることができます。加えて退去時の手続きや敷金精算なども行える業者も人気があります。

賃貸物件の現状回復に関してはガイドラインが細かく定められています。どのような状態であれば借主の過失となるのかがポイントとなります。例えばスローリングやカーペットの交換は、どれほど汚れているとしても経年によるものであれば、物件の所有者が負担することになります。そこでどのようなタイミングで交換すべきかが重要となります。空き部屋としないためにはできる限り室内を綺麗にしておくのが基本です。けれども退去のたびに新品同様にしていてはコストがかかりすぎてしまいます。そこで現状回復をどこまで行うかの判断が問われることになります。現状回復の際に傷や汚れが付きにくい材質のものに交換するなどの工夫も必要となります。